スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ビンザン No.1

今回のベトナム出張で間違いなく最多飲食回数のお店がこれ、「Quan Com Binh Dan」(クアン コム ビン ザン)。その意味は

Quan Com:ご飯屋さん、食堂
Binh Dan:庶民

となり、ご飯を食べる大衆食堂といったところです。ComComNgonのコンセプト『ご飯と食べたい』の原点になっているベトナムの代表的な食堂スタイルです。店先には規模にもよりますが、10〜30種類くらいのおかずがずらりと並び、私はいつもこのおかず選びで怪しい観光客がごとく、ウロウロウロとしてしまいます。このおかずをコレ、コレ、アレ、と指さして、後はテーブルで待っていれば巨大なお盆(これが異常にデカい。直径1mくらい?)にご飯、スープ、お椀などなど、全部一気に運んで来てくれます。



ベトナム出張中には相当な頻度でこの“ビンザン”に足を運び、ベトナムの
庶民的なおかずを毎日堪能してきましたので、少しずつ紹介していこうと思います。もちろん、ComComNgonの食卓にもどんどんとお出ししていきますので、是非お楽しみに。
その第一弾、ホーチミンの巨大ビンザン、ちょっと贅沢目な1店での食卓です。この日は

 ・雷魚の甘辛煮込み
 ・焼きナス
 ・発酵魚の蒸卵
 ・さやいんげんの炒め物
 ・豚肉の炒め煮
 ・ゴーヤの肉詰めスープ

を注文。お魚の甘辛煮込みはComComNgonでもお馴染み、これでもかと云う位にご飯が進みましたが、印象に残ったのは発酵魚の蒸卵。ベトナム中部の発酵させた魚を卵に混ぜて蒸しあげた1品。小さな器で蒸された卵を一口噛むと、発酵魚独特の臭みと旨みと甘みが歯と喉にジュワッと沁みてくる、卵料理にしてはやや曲者な味わいです。焼酎と一緒にいけそうです。
あれやこれやとご飯に乗せては食べ、スープをかけては食べ、また米をよそり、あれよあれよという間に洗面器のような器に入ったお米を食べ切りました。




思い出していたら興奮してきて、メニューを先に紹介してしまいましたが、ビンザンの美味しい食べ方はこんな感じです。

?ご飯のおひつから、自分のお椀に取り分ける。
?好きなおかずをあれやこれやとご飯に乗せては食べ、味の沁みたご飯もスプーンでモリモリ食べる。
?お椀にご飯が残り少なくなってきたら、スープを同じお椀に入れてさらさらっと食べる。
?またまたご飯を自分のお椀に取り分ける。

ご飯もおかずもスープも同じお椀で食べるのがビンザンスタイル。器用におかずを乗せては食べるベトナム人の所作にはホホーと感心させられます。もちろんこのスタイルはComComNgonでも一緒。ベトナムの大衆食堂の気分で、おかずもご飯もモリモリと遠慮なく召し上がって下さいね☆

アイスビール

最近ビールを飲んでいません。飲まない方にしてみると、だからなんやねん!という発言ですが、私にするとなかなかの異常事態です。どれだけ寒くなろうが、雪が降ろうが、暖房をつけてビールを空ける人間ですので。これといって、何か願掛けをしているとかいうわけではありませんが、少し前にレンタルDVDが70円/1本の日があり、まとめてプリズンブレイク2を借りたことが原因です。ビールを飲むと眠くなって集中して鑑賞できないので、しばらく控えているうちに、見終わってもちょっと断酒してみようかなと思っているところです。今は飲み始めるきっかけがどこからかやってこないか待っていますが、なかなかこれといったきっかけが現れないので、少しずつ朝が快調な自分を好きになり始めています。ま、恐らくはあと数日が限界かとは思われますが。

ビールといえば、ベトナムの方はビールをよく飲みます。私もその中に混じってビールを飲んでいたわけですが、お馴染みの低いプラスチック椅子に腰掛け、プラスチックのテーブルの上で飲むビールは妙に落ち着きます。歩道に並べられたテーブルのひとつを選び、飛び交うベトナム語を聞き流し、行き交うバイクを眺めながらコップを傾ける。ビールを飲むという行為がやたらと日常に溶け込む瞬間です。
ちなみにこのビール、日本のようにキンキンに冷えているのが当たり前ではありません。日本ならば即刻クレームものな温度でさらっとテーブルに置いていかれます。そしてこの微妙な温度の瓶ビールと一緒に出てくるのが、氷入りのジョッキ。これにトクトクとビールを注ぎ、冷えては飲み、減っては注ぎ、注いでは解け、を繰り返しながらジョッキを空けていきます。氷が減れば店員さんが当たり前のようにトングでひょいと氷を入れてくれる。なんとも逞しいと感心する習慣ですが、慣れてくるとこれが止められません。水でお腹を壊すなどなんのその。最初から「グラスと氷もくれ」とオーダーするようになります。氷が解けてやや薄くなったビールをかぱかぱと空ける、実はベトナム人にちょっとだけ近づけたかなと、秘かに満足する瞬間でもあったりします。

氷を配るお兄ちゃん

カニ

ベトナムでの食べ歩き。頭と舌の記憶を紐解きながら、毎食欠かさず現場で書き溜めたノートを眺めながら、少しずつ紹介していきたいと思います。
まずはその第一弾。ベトナムのホーチミンに到着した晩に行ったカニ料理屋さんです。オーダーしたラインナップはこんな感じ。



カニの揚春巻き
カニの春雨炒め
・カニ爪のタマリンド炒め
・春雨のスープ

このカニ料理屋さん、味はもちろん、コストパフォーマンスが抜群にいい。特に赤い字で書いた2皿はカニ身がこれでもかというほどたっぷり。カニのおだし云々よりも、カニ身の味がしっかりと楽しめる料理です。揚春巻きはさっくり香ばしい皮に、ほこほこのカニ身がぎっしり。ブン(米麺)や香草と一緒に甘酸っぱいタレ、ヌクチャムにつけて食べます。春雨は食べても食べても必ずカニ身を噛み締めることのできる、金太郎飴がごとくの嬉しさにウットリ。よく麺類にありがちな、この具材を先に食べるべきか、麺を先に食べて具材を後に残すか、などという葛藤とは無縁です。
べトナム出張初日から大満足な晩御飯でした。ちなみにこのお店、全く同じ名前の店が10mくらい右にありますが、そちらはベトナムではよくある真似っこ店。本家は向かって左手側です。写真はもちろん本家です。




calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links