スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「空豆と桜海老のかき揚げ」

JUGEMテーマ:日々のくらし



昨晩は仕事終わりにちょいと飲みに行きました。写真は"空豆と桜エビのかき揚げ"。

空豆を食べるたびに思い出す、昔あったこと。
ある晩、相当酔っ払って帰ってきた私。風呂から出てなかなか寝室に来ない私を心配して、専務が居間を覗いたら真っ裸で寝ていました。「服着てちゃんと寝えや!」と声を掛けたところ、いきなり起き上がって両手を広げ、満面の笑みで一言、

「こちらが空豆君です。」

と誰かを紹介したそうです。で、そのまま再度爆睡。翌朝、一部始終を専務から聞かされましたが、もちろん何も覚えていませんでした。飲みすぎ注意。

美味しい生ビールを出す店

JUGEMテーマ:グルメ

昨晩のお外ご飯。



「生ビールが美味しい」って条件縛りにして馴染みの店にお伺いしたら、連続で満席。やむを得ず気になっていた店に入ってみたら大当たり!キリッとした飲み口に濃密な泡。久々にちゃんと美味しい生ビールを入れてくれる近所のお店、発見しました。





もちろん料理も抜群☆
鮪ホホ肉のお造りに子持ちイカ、山菜天麩羅に鯖味醂干し。テンション上がってボトルキープまでしてしまいました。

それにしても、この「生ビールが美味しい」という条件は大切と思います。この条件で店選びをしたら、バッサリとchoiceから外れる店、文句なしにpick upされる店、はっきり分かれます。個人的な見解では、後者は2割がいいとこ。特別なジョッキを使うだの、最近流行りのプレミアム系のビールを出すだの、特殊な注ぎ方をするだの、そんなことではありません。毎日ちゃんと掃除・管理をして、基本に忠実に注ぐ。ベトナム屋DZO!もそういう店でありたいと、改めて思います。

旧友の帰国&来阪

JUGEMテーマ:日々のくらし

先日、高校時代の友人が勤務先の中国から旧正月で帰国。水球部で3年間を共にした戦友です。これに合わせて、東京からも同じ水球仲間が来阪。下道を使って車移動というハードな電撃参戦をしてくれました。



私の仕事終わりに合わせてくれたので、遅めから近所の居酒屋へ。オーダーした鶏肝のお造りが出てきてから、東京からの友人はレバーが苦手で、合宿の時に砕いて牛乳に溶かして一緒に飲み込んでいた話に花が咲く。

 

我が家に泊って、翌日は大阪らしくお好み焼きへ。牡蠣のお好み焼きやらすじネギ焼きやら。運転の為、FREEで我慢する友人の脇でガッツリ生ビール。ゴメンヨ。

帰国の度にDZO!に寄ってくれる友人、その友人に合う為だけに来阪してくれる友人、ありがたい戦友をもったなと、感謝しきりで送りだしました。

お正月@実家 鯛料理とタイ料理

JUGEMテーマ:グルメ

 
 

年末年始は専務と一緒に実家へ帰省していました。
こんなことを堂々と書くのもなんですが、実家へ帰ったらゴロゴロして、食べて、飲んで、寝て...という生活をさせてもらってます。特にお正月は大好きなお節をアテに朝からビールを飲める年1回(実質3日間)のイベント。ぐうたら具合もMaxです。※専務は洗濯、洗い物、お料理、ちゃんと色々手伝ってくれます。ありがとう。

とはいえ、あまりにも寝過ぎということで、いつものお正月料理をちょっといつもと違うスタイルで、あるいは異国の味で担当することにしました。



お正月の定番"鯛の塩焼き"を今年は塩釜焼きで作ってみることにしました。写真は焼き上がった塩釜焼きを張り切って小槌で割る親父。では、作り方。

 → 

ホイルの上に卵白を混ぜた粗塩を敷き、昆布を並べます。その上に鯛を丸ごと1匹。お腹の中やエラに葱,生姜を挟みます。

 → 

鯛の上に昆布を乗せ、更に塩を盛って鯛を包み込みます。

 → 

塩で密閉できたら、塩釜に卵白を使って余った卵黄で、2014の刻印を。上級者は鯛の顔とか鱗とかを描くみたい。

 → 

オーブンで1時間くらいで焼き上がります。塩窯を切り分けて、昆布を剥がすと...



蒸し焼きになった鯛!
いわゆる塩焼きと異なり、水分が逃げずに仕上がるから身の旨味が格別!割った瞬間に立ちこめる磯の香りも堪らない!テーブルで塩釜を割るワクワク感も手伝って、家族からは絶賛をいただきました。いつもは初日に半身、2日目に残りの半身、といただくのですが、今年はあっという間に元旦の朝に完食。来年もこれでいこうと決定、新年の仕事が増えてしまった...



晩ご飯はカニとのことだったので、大好きなタイ料理"プーパッポンカリー"カニのカレー玉子炒めに仕立ててみました。

食べやすい脚の部分はいつもの通り甘酢でそのまま、肩肉の部分をもらって調理です。セロリやトマトと一緒にカニを炒め、カレー、ココナッツミルク、ヌックマム等々で味付けしたら、たっぷりの玉子とじ。この料理、ご飯もビールもススむ、最高に危険な一品です。

いつもの味も安心できる美味しさだけれど、時々違った文化が台所に流れ込んでくると、刺激的で楽しい食卓が出来上がります。だからこそ、いつもの料理もまた食べたくなる。そんなことを想いながら、ビールを何杯傾けたかなんて、もちろん覚えていません。

鯖攻め

JUGEMテーマ:グルメ

        

大好物の鯖寿司!専務のお母さんが手作りして送ってくれました☆


 


鯖らしい香りがしっかりとした、脂の乗った鯖、たっぷり目のご飯はほんのり甘め、ちゃんと竹の皮に包まれた出で立ち。気付けば1本丸ごと食べ尽くしてしまう鯖寿司は私の大好物☆いつもありがとうございます!

 

おひるに続き、ディナーも鯖をいただいていただことに後から気付きました。梅田でSPECを観た帰り、中津の窯焼き屋さんにて。脂の乗った鯖を皮目パリッと中身ジューシーに焼き上げてくれます。頼んでよかったなぁ〜、専務と二人でご満悦。ビールからワインへと大満足でした。

韓国渡航前に韓国ディナー

JUGEMテーマ:韓国料理!

            

鶴橋巡りをしてきた専務のお土産で韓国ディナーです。 
         
          
          
ポッサム 蒸し豚です。
皮付きの三枚肉に塩を味入れ、塊のままゆっくりと炊いてあるからしっとり仕上げです。肉の旨味も十分な煮込み方は流石に専門店。ゴマの葉、キムチと一緒にサニーレタスで包んで齧ります。

          

キムパッ 海苔巻きです。これはチャンジャ入り。
チャンジャのコリコリした歯ごたえと塩気がばっちり。

          

チョッパル 豚足。
食べる時はバラしますが、その前にパチリ。コリッとした歯ごたえとしっとり具合がいい感じ。タレの自家製チョジャンがよく合います。

          

甘鯛のチヂミ。
玉子リッチな生地で専務の大好物の甘鯛が挟んであります。

          

スンドゥブ 豆腐チゲ。
これは専務が作ってくれました。煮干し出汁に牡蠣と蟹キムチの残っていた汁を加えて豆腐もたっぷり投入。韓国産唐辛子は辛味と唐辛子そのものの味がはっきりしていて美味。本当はご飯投入したかったけれど、海苔巻きがあるので断念。

そろそろ月末の釜山ツアーが近くなり、テンション上げていこうと思います。
「ペゴパ〜 チュケソ!」(お腹が減って死にそうだ!)
釜山行きに向けて、最近専務に教え込まれた韓国語です。

牡蠣づくし@DZO!

JUGEMテーマ:グルメ

先日、DZO!にて「日本シリーズ最終戦を観戦しながら牡蠣フライを食べる会」を開催しました。まずは、楽天おめでとう!!!

折角なので、牡蠣フライだけでなく、色々と牡蠣料理をしてみました。普段扱わない食材、使わない調理法にトライするのは楽しい☆



牡蠣のコンフィ。ニンニクなどと一緒に低温のオイルでゆっくり火を通します。

  

牡蠣のスモーク。蒸した牡蠣を2時間くらい燻します。



牡蠣フライにつけるタルタルソース。カレースプーンでパクッとしたいくらい好き。たっぷり作ります。



生牡蠣には3種類のソース。パクチーのソースが好評でした☆



コンフィにした牡蠣は一晩寝かせて。想像以上にしっとり仕上がって、牡蠣らしい味が際立って美味!個人的にはこれが一番好き。



スモークした牡蠣は、燻した香りとギュッと濃縮された旨味がいい感じ!ワインなら赤でも白でもOK!



メインの牡蠣フライ。小粒の牡蠣をたっぷり揚げて、さっくり軽め仕上げ。タルタルはたっぷり☆冬の間にもう一回くらいしたいなと思いつつ、ゴロゴロ転がる白ワインの瓶越しに、楽天優勝の瞬間を見届けました。

ケータリング たま〜にタイ料理

JUGEMテーマ:ベトナム料理

    

先日、友人の集まりにケータリングしてきました。前菜ものを完全にお任せとのことで、先日からトライしているソーセージを含め、ちょっと浮気してタイ料理も織り交ぜながらご用意しました。



・ハーブ入り自家製ソーセージ
・半熟玉子のヌックマム漬け



・茹で塩豚



・青パパイヤのソムタム



・豚ひき肉のの辛いサラダ

久々にベトナムで購入した4段アルミ弁当に詰めて、お届けしてきました!オーダーありがとうございます!

弾丸見送りツアー 大阪 ⇔ 成田

JUGEMテーマ:日々のくらし

先日、結婚に伴い渡米する妹の見送りに、久々の成田空港へ行ってきました。
大阪市内→(高速バス)→関空→(飛行機)→成田空港→見送り→(電車)→東京駅→(新幹線)→新大阪駅。弾丸見送りツアーです。



サプライズでの兄の登場にそれなりに喜んでもらえたようで良かった。ランチから数時間でしたが、渡米前にゆっくり話せました。身体気を付けて、行ってらっしゃい!

        

大阪に戻ってきてからは、少し遅めの時間でしたが、DZO!のご近所のポルトガル料理Lisboaさんへ。こちらは突き出しにいただいたオリーブを煮たもの。これ、塩気とニンニクの香りが抜群!初っ端からかなりテンション↑


 

豆のスープに浅利の蒸し焼き、秋刀魚(これしっとり仕上げで大好き☆)、ワインのボトルが空いてしまってお替わりと一緒にサラミ盛り。ポルトガルどれも、ちゃんとお酒を飲む人を意識された仕上げに大満足です☆実は以前、同じ街中バルイベントに参加していたこともあり、色々とお喋りさせていただきました。またお伺いしま〜す!

休日を満喫

JUGEMテーマ:ベトナム料理
 
4周年記念party翌日。
臨時休業をいただいて、平日のお休みを満喫しました。

            

大衆居酒屋にて、真昼間の生ビール。休日昼のビールは3割増しくらいに美味しいと思う。



なんてことない居酒屋でなんてことない料理を気の向くままにチョイス。鯵の南蛮漬け、笹身のタタキ、鰯フライ、揚げ出汁豆腐(コレ大好物)。

              

ホールを仕切っているオバちゃん(軽く50オーバーのパンチパーマ。)が近くのテーブルで「私はお姉さんよ!」とおっちゃん連中に噛みついているのを聞いて、「おねえさ〜ん」と読んだら嬉しそうにしてくれた。ほろ酔いで"ソーセージマヨネーズ"ってパスタサラダみたいなもんか?と思いながらオーダーしてみたらそのまま出てきた。好きだけどね、魚肉ソーセージ。

          

夜ご飯は専務の仕事帰りを誘って、新しく近所に出来たビストロへ。最初にオーダーした"レンコンのハーブソテー"。ローズマリーの香りとシャキッとした歯ごたえが抜群。



枝豆のキッシュ、貝柱の入ったポテトサラダ、豚バラのバルサミコ酢煮、カッパ軟骨のセモリナ粉揚げ。ひとつひとつ小ネタが効いていて、丁寧に作り込んであり、それでいて気取り過ぎないスタンスが実に軽快。

          

〆はキノコとアンチョビのPizza。耳ふっくら、パリッとモチッとした生地はかなり好み。キノコの香りもアンチョビの塩気と海の香りも、どちらも主張がはっきりしていて美味。

結局のところ、昼から延々飲んでいた店主の休日でした。たまには事務仕事だけで、こんな日も楽しいです。もちろん鍋振ってる一日も楽しいのですが。

おまけ。
前回の生地に載せていたベトナムのスターバックス限定の月餅。カットしたらこんな感じでした。



ちゃんとうずら卵の黄身の塩漬けが入ってアクセントになって、想像よりずっと美味しかった!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links