<< “チャー カー”始めました。 | main | 牛肉のスパイス煮込みフォー >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ビンザン巡り

      

先日“チャーカー”でベトナム写真を載せた際に、色々と写真が出てきたので、しばらくカチャカチャと順番に眺めていました。あれは美味かった、これは真似したい、色々とベトナム出張を思い出しながらクリッククリック。久々にベト飯レポートを書こうと思います。

今回はコムコムゴーンのランチスタイルの原点、ビンザンです。
首都ハノイにあるこちらのビンザン。これぞ北部の味付け、すきっとした調味料使い、実に勉強させられるお皿が並んだ印象の一食でした。青魚のトマト煮は決してトマトが主張し過ぎずに魚の身がきちんと味わえる、厚揚げのネギ油かけはいかにもハノイっ子が好きそうな余分は一切排除した一品、豚バラの煮込みはあっさり炊き込んだホロホロロ仕上げ。そして何より印象深かったのがインゲンのニンニク炒め。インゲンのみをざっと仕上げたこの一皿、ニンニクの香りが移りインゲンをコーティングする油が実に心地よい。それに加えて噛めば噛むほど甘いインゲン。予定外にビールを1本追加するには十分な一皿だったことはもちろんです。

ビンザンを巡っていて思うこと。もちろん自分のお店で取り入れたい料理を探すという視線は常に持っているのだけれど、こういう一品に出会う度に日本食とかベトナム料理とかそういうことよりも、今目の前にある料理に幸せを感じる。料理という枠を超えてベトナムが好きになる。そんな瞬間が訪れるのもベトナム人でごったがえすビンザンならではの楽しみと思う。

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • 18:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links