<< ぷるぷる | main | 上出来な贈り物、嬉し涙 >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Pho

ベトナム料理の麺には色々な種類があります。恐らく日本では最も有名なフォー、南部でメジャーな汁麺フーティウ、炭焼きの肉や生野菜・香草と一緒につけ麺で食べるブンチャー、辛さとコク、スパイスの効いた中部フエの汁麺ブンボーフエ、北部のトマトの酸味が効いた汁麺ブンズィウ、カリカリに揚げた田ウナギがたっぷりと乗るミエンルオン...etc並べるとまだまだ続くほど、麺そのものの種類から出汁、食べ方など多彩な姿を見せるベトナムの麺。順番にアップしていこうと思いますが、まずはComComNgonでもお出ししているフォー。有名なお店、繁盛店、路地裏の屋台、郊外のひっそり店舗、色々なお店にトライしてきました。



日本のうどんひとつとってもお店によってくるくると姿を変えるのと同様に、同じフォーでもお店のポリシーで主張が様々。味付けはあっさりで出汁の味を前面に、南部らしく少し甘めで胡椒をガツンと、北部のスパイスを効かせた変則出汁(私はこれが好き)、トッピングのネギがたっぷりで香りがよい...それぞれの店主の主張を感じながらスープとひらひらの麺を啜ってきました。

ComComNgonでもランチセットに追加でHalfSizeフォー、ディナーではお食事の締めにご用意しています。出汁には鶏がらスープの“フォー・ガー”、牛骨スープの“フォー・ボー”ののどちらかを日替わりで。ヌクマムや唐辛子、レモン等で最後の一味を好みの味に調節するのがベトナム流。自分好みの味を見つけてベトナム米麺フォーをお楽しみください。

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • 21:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links