<< 憧れの椅子、優秀なバイクタクシー | main | “因島レモンの自家製アイスクリーム”始めました。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


カフェ

「カフェ」
この言葉には今までどうにも抵抗がありました。恐らくはビールでない飲み物でのんびりと、時にはダラダラと時間を過ごすことが苦手だから。例えば会話の無い状況、つまりは一人でお店に入るとして、居酒屋ならばビールにアテで限りなくスイッチをオフにして、後は帰って寝るだけという時間を過ごすことができます。(昼間に飲むビールがやたらと美味しいのはこの帰って寝るだけ、という設定ではないのに飲む後ろめたさと開放感があるから。)でも、カフェではどことなくお洒落な空間にスイッチをオフにし切れない。これはただ単に私がカフェ慣れしていないというだけのことかもしれませんが、とにかくそんな存在として私の飲食カテゴリーの中では少ないウェイトを占めていました。
ところが現地での冷たいベトナム練乳コーヒーのお陰で、私の中のカフェ像は一変。特にお気に入りだったのが“カフェ フォーコー”。フォーコーとはベトナム語で旧市街を表し、ハノイの旧市街の一番南にあるカフェです。1階で飲み物を注文し、私が店員だったら絶対にこんな階段でコーヒーは運びたくないであろう強烈に狭い螺旋階段を登り切ると、ホアンキエム湖が一望できるデッキへ。ハノイのやや曇りがちな空の下で、この後の予定を考えながら練乳を溶かしつつつコーヒーを口に運ぶ。ああ、こうやってカフェは過ごしたらよかったのかと、カフェへの抵抗が薄れていくのをゆっくりと氷が解けて練乳と混ざり合う中やっと気づきました。ま、そうは言っても3回に1回はビールも置いてあるカフェを選んでいたのも実際のところですが。

ComComNgonでも、お食事ではなくカフェとしてのご利用も歓迎です。ベトナムコーヒーやハス茶と一緒に、数種類ご用意しているデザートはいかがでしょうか?


スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • 13:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links