<< 日越交流料理 | main | 4割増 >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ビンタイ市場

海外へ訪れると、或いは国内でも自分の住みなれたエリアから離れた地域へ足を踏み入れると、必ず行きたいのが市場。どんな食材をどう加工して、どんな調味料を使って、どうやって調理をして、どうやって保存をして...食生活の慣習ひとつひとつが、ぎっしりとひしめき合うように鎮座している空間に足を踏み入れると、もうそれだけでどっぷりと現地の文化に浸かったような気分になれるのが好き。だから、観光客慣れした吹っ掛け上等な市場よりも、実際に生活のステージとして現地人でごった返すような市場がいい。その代表がホーチミンのチョロン地区にある“ビンタイ市場”。いたるところに布やらアルミ製品やら、食器やらが山のように積み上げられ、小さな店がギュウギュウ詰めになっています。
ちょうどお昼時だったこともあり、どの店でもランチ中。そこが売り場であり店の正面であることなど気にもかけずに、みんなで座ってご飯とおかずを一皿に乗せて食事中。またその食事が妙に美味しそうに見えるから不思議。買い物よりもやたらと目につきました。たぶん、どんなものを食べているかよりも、どうやって食べるかという食習慣そのものも食事を美味しく魅せる要素なんだと思います。
箸から食器まで大量に購入しましたが、この市場では全くといっていいくらいまけてもらえませんでした。どの店に行っても女主人からビシッと値段を提示され、交渉の末「じゃあいい、他の店へ行く」と言っても「あらそう。」とばかりに無視される始末。元々卸売りがメインで、私がどう見ても観光客(しかも日本人)なこともあったのだと思いますが、この日の朝からの頭痛もあって、買物が終わる頃にはフラッフラ。たまに愛想のいいオバちゃんからも「あんたベトナム人みたい。でもこれ以上は下げないよ。」と。朝からのワクワクをだいぶ打ちのめされましたが、先日ブログに書いた念願のバインセオ鍋も購入できました☆


スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • 00:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links