<< 2014年仕事始め! | main | 生柚子茶 >>

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


お正月@実家 鯛料理とタイ料理

JUGEMテーマ:グルメ

 
 

年末年始は専務と一緒に実家へ帰省していました。
こんなことを堂々と書くのもなんですが、実家へ帰ったらゴロゴロして、食べて、飲んで、寝て...という生活をさせてもらってます。特にお正月は大好きなお節をアテに朝からビールを飲める年1回(実質3日間)のイベント。ぐうたら具合もMaxです。※専務は洗濯、洗い物、お料理、ちゃんと色々手伝ってくれます。ありがとう。

とはいえ、あまりにも寝過ぎということで、いつものお正月料理をちょっといつもと違うスタイルで、あるいは異国の味で担当することにしました。



お正月の定番"鯛の塩焼き"を今年は塩釜焼きで作ってみることにしました。写真は焼き上がった塩釜焼きを張り切って小槌で割る親父。では、作り方。

 → 

ホイルの上に卵白を混ぜた粗塩を敷き、昆布を並べます。その上に鯛を丸ごと1匹。お腹の中やエラに葱,生姜を挟みます。

 → 

鯛の上に昆布を乗せ、更に塩を盛って鯛を包み込みます。

 → 

塩で密閉できたら、塩釜に卵白を使って余った卵黄で、2014の刻印を。上級者は鯛の顔とか鱗とかを描くみたい。

 → 

オーブンで1時間くらいで焼き上がります。塩窯を切り分けて、昆布を剥がすと...



蒸し焼きになった鯛!
いわゆる塩焼きと異なり、水分が逃げずに仕上がるから身の旨味が格別!割った瞬間に立ちこめる磯の香りも堪らない!テーブルで塩釜を割るワクワク感も手伝って、家族からは絶賛をいただきました。いつもは初日に半身、2日目に残りの半身、といただくのですが、今年はあっという間に元旦の朝に完食。来年もこれでいこうと決定、新年の仕事が増えてしまった...



晩ご飯はカニとのことだったので、大好きなタイ料理"プーパッポンカリー"カニのカレー玉子炒めに仕立ててみました。

食べやすい脚の部分はいつもの通り甘酢でそのまま、肩肉の部分をもらって調理です。セロリやトマトと一緒にカニを炒め、カレー、ココナッツミルク、ヌックマム等々で味付けしたら、たっぷりの玉子とじ。この料理、ご飯もビールもススむ、最高に危険な一品です。

いつもの味も安心できる美味しさだけれど、時々違った文化が台所に流れ込んでくると、刺激的で楽しい食卓が出来上がります。だからこそ、いつもの料理もまた食べたくなる。そんなことを想いながら、ビールを何杯傾けたかなんて、もちろん覚えていません。

スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • 23:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links