スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


古都ホイアンにて(5)

      

夕方からは仕事帰りのおっちゃんで賑わう川の畔の居酒屋で、夕食にはまだ早いとふらりとおやつ時間に立ち寄っていただいたおつまみメニュー。“Banh dap”(バインダップ)です。炙ってパリッと仕上げたライスペーパーの間に、蒸した米粉のプルプル生地を挟んだ食感が実に楽しい1品です。その名の由来はBanh=生地、dap=叩く、つまり、重なった異なる食感の生地をまず叩いてからいただくというもの。適当な大きさになったパリップルのおつまみをマムネム(発酵魚)のタレにつけていただきます。やっぱりビールが欠かせませんでした。

古都ホイアンにて(4)

ベトナムに行くと海鮮を一度は食べたいと思う。日本同様、細長い国土を持つベトナムは東岸に面した東シナ海の恵みを受ける地域が多い。新鮮で美味しくて豪快でシンプルで安い。そんな印象で今回も古都の路地裏で賑わう海鮮屋さんに飛び込みました。ベトナムで会った女性店員TOP3に入るにこやかな女主人に招かれて、オーダーしたメニュー。知らない味ではないけれど、想像の範囲で最大限に美味しい海老の塩焼き、南部とは異なる生姜のスキっと効いた蟹のタマリンド炒め、小粒の旨みが嬉しい牡蠣のグリル。次回は周りでワイワイ楽しそうなお鍋もトライしたいと画策しながら、締めにはきっちり海鮮焼きそばをいただきました。

      

              “蟹のタマリンド炒め”

      

                “牡蠣のグリル”

古都ホイアンにて(3)

        

ベトナム出張出発前に是非にと勧められて、テンション↑で挑んだのは“豚串”。テーブルに着くとドサッと置かれるのが豚串&豚つくね串の山。ライスペーパー→生野菜→ハーブの順に手に取り、豚肉を包んでずいっと串を引き抜きます。こいつを特製の胡麻味噌タレにつけて齧りつく。それはもう、ビールです。ComComNgonでもお出ししているLARUE BEER(中部といえばコレ)を啜り、豚串を齧り、お喋りして。気付けば串と空ビンだらけのテーブルに大満足のディナーでした。

      

古都ホイアンにて(2)

道端でサラッと食べたり、食堂で弁当だってスープだってテイクアウトできたり、仕事の合間にちょろっとバイクで寄ってみたり、ベトナムの軽食文化はしごく優れていると毎回感心させられますが、ホイアンもまた然り。朝飯やら、朝飯と昼飯の間やらにいただいたメニューです。

        

朝からカレー?と驚くなかれ。サラリとしたほぼスープ状の“ブンカリー”は米麺ブンに絡んで、するすると胃の中へと滑りこんで行きます。辛くないけどスパイス感は大事にしたカレーはフランスパンに浸して食べるのもまた旨い。

        

ホーチミンでいただけるスタイルとはまた異なる“コムガー”。鶏を茹でたスープで炊いたご飯にはターメリックでほのかな香りと色がつけられています。内臓をこっくり煮た汁、青パパイヤの生酢、自家製豆板醤をトッピングして掻きこむ、ひと皿の中に何重にも仕掛けられた美味しさの罠。

        

自家製細打ち平麺が新鮮“雲呑麺”。正に「雲を呑む」食感はつるりと心地よい。しごくシンプルな鶏がらスープがほっと一息をつかせてくれる。

古都ホイアンにて(1)

今回初めて訪れた古都ホイアン。街が世界遺産に指定され、古くは日本や中国と交易のあった都市です。様々な文化の混沌とした雰囲気が、バイクの喧噪の中を歩き回るホーチミンとはまた異なるベトナムの一面を体験。こちらでいただいたメニューをいくつかご紹介します。

まずは到着した晩にいただいた、ベタな名物料理を3つ。

        

伊勢うどんがルーツとも言われる“カオラウ”。独特の食感の麺を生野菜、ハーブ、煮豚などなど、甘辛いタレで絡めて啜ります。

        

日本のものよりはだいぶビッグサイズの“揚げワンタン”。パリッと揚げたワンタンに野菜あんかけをかけていただきます。

        

米粉の皮で包んだ海老を蒸し上げる“ホワイトローズ”。プルプルの生地の中から顔を出すほんのり海老の紅い色がその名の由来。

苺のシントー

        

毎日暑いホーチミンを歩いているとついつい買いたくなるのが“Shin to”(シントー)。「ビタミン」を意味するベトナム語がそのまま名前になったフルーツジュースです。お好みの果物を伝えると、ひょいとジューサーに放り込み、お砂糖、練乳、クラッシュアイスを入れて撹拌してくれます。生フルーツを使う故に酸味やフレッシュ感を損なわずにドリンクに仕上がるこちら。今回いただいたのは苺です。決して苺ミルクにはならずに、あくまでも苺のフレッシュジュース。シャリシャリとした飲み心地を楽しみながら、プラプラとバイクの喧噪の中を歩き回るのが好きです。

“幸兵衛窯 蔵出し市”にこちらのシントーを出品予定。詳細は近日中にアップします。

朝から豚ロース焼を喰らう

        

今回のベトナム出張で出会った料理をご紹介していきます。
今日は“Com tam suon”(コムタムスン)、砕き米ご飯の豚ロース焼のせです。「コムタム」とは通常のお米を砕いて細かくしてから炊いたご飯。スルスルっと口の中を通り抜ける軽さが魅力。ささっと朝食を済ませるベトナム人にはうってつけ、私がいただいたのも朝食です。レモングラスと胡椒を効かせ、お店の前でジュージューと焼いた甘じょっぱい厚切り豚ロースをコムタムに乗せ、さっとテーブルへ運んでくれます。じりじりと暑いホーチミンの日差しの下を歩く元気をくれる一皿です。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links