スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


韓国 釜山を初訪問。<5> 貝攻め

JUGEMテーマ:韓国料理!

最終日3日目。



この日はわたしのリクエストでシジミのスープご飯を朝食に。ベトナムでいうところのCom hen。街を歩いて見かけた時から気になっていたメニューです。韓国版は如何に?と思って一口いただいたら驚き!こんなにシジミの出汁が濃いのは初めて!ほとんど余計な味付けはせずに、シジミ出汁がご飯にかかっています。もちろん、底にはシジミもたっぷり。DZO!のハマグリのスープご飯の可能性を感じさせてくれる一品です。

 
 

キムチにチャプチェ、サンチュにゴマの葉&ワカメ、煮物にサラダ...例のごとく色々おかず。釜山はどこに行っても必ずワカメが入っていたように思います。さすが港町。で、極めつけがコレ↓



鯖の煮付け。
小ぶりな鯖ですが、尾の身と腹身が2個ずつ、専務と私に1人1匹ずつ。コレだけでも定食のメインが成り立つんちゃうかっていう位の量とクオリティ。コチュジャンベースの甘辛い仕上げ。じんわりと旨みが染み出た煮汁はもちろん、身の脂の乗り具合も抜群、新鮮だから骨から身がスッと離れます。専務の中ではこの旅No.1とのこと。繰り返しますが、これはシジミスープご飯の付け合せです。



出発間際まで食べます、昼ごはんはクルクッパ。(牡蠣のクッパ)
サラリーマンとOLさんでごった返す店内に飛び込んで、グツグツ煮え立った牡蠣クッパをいただきました。あっさり目のスープにはニラと海苔がたっぷり、もちろん牡蠣もゴロゴロたっぷり。更には生卵を落としてくれているので、食べ進めるうちに、白身だけ軽く固まって、とろ〜りいい感じ。私はプチっと割って、その瞬間にスープと共に一気に口に入れる派です。

生牡蠣に牡蠣チヂミに焼き牡蠣。色々メニューがあるので、次回はディナーにトライしたいと思います。

これで韓国釜山の旅報告は終了です。次はベトナム屋DZO!にてお会いしましょう☆

韓国 釜山を初訪問。<4>  ハングルで奮闘。

JUGEMテーマ:韓国料理!




お昼はチャガルチ市場へ。
釜山港から水揚げしてすぐに店頭に並ぶ、抜群の鮮度がウリの市場。その場でササッと捌いて販売しています。鰆にフグ、イカにタコ...etc 中でも今が旬の鱈はパンパンにお腹が張って最高に美味しそう!今にもお尻から白子がこぼれそうなくらい〜♫

お昼ご飯は生簀で泳いでいるお魚をチョイスして、お刺身フェにしてもらう食事にチャレンジ。やたらと元気なスルメイカ(一緒にザルに揚げられた魚を長い脚で捕まえて大暴れしてた)と、天然の黒鯛をチョイス。

 

イカはコリッコリで甘くて、何より黒鯛が想像以上のお味!昆布〆にしてあるのかと思うくらいの甘味と旨み。このチョイス大正解☆レタス、ゴマの葉で包んで、コチュジャンのタレにつけてもその主張は全く衰えず。刺身ランチをビールと満喫してきました。流石にフェばかりでお腹が冷えるので、次回はサービスにつけてくれたアワビは焼き物にしてもらおうと反省。



ディナーは少し離れた駅まで遠出。日本よりも格安で食べられるフグにトライしよう!と意気込んでいたら、行きたいお店の地図がやたらと広域の超小さい地図にしか載ってない...駅を降りてからはなんとな〜くで移動、やっぱり見付からないので専務の出番。八百屋のオッチャンにハングルでお尋ね。その後は私のわからないやりとりですが、かなりのオーバーアクション&ビッグボイスでご案内。そこから約10分後に到着できました。オッチャンと専務ありがと〜2人で感動〜。

写真はふぐの唐揚げ。閉店前だったので、唐揚げ終わってしまったからサービスね、と出してくれました。日本じゃ気前のいいひと皿分くらい。ウヒ。ちゃんと甘味があって、ふっくらやわらか。個人的にはフグは唐揚げが一番好きです。

 

メインのフグチリは個別の丼スタイル。たっぷりの豆もやし&セリが一緒に入っています。底からはゴロゴロゴロとおおぶりなフグ♫澄んだお出汁とフグを満喫です。そして改めて専務のハングル上達に感謝。

2日目が終了。次回は最終日。貝攻めです。

韓国 釜山を初訪問。<3> 釜山スタイル

JUGEMテーマ:韓国料理!

専務と海外へ行ったらやりたい放題食べてみます。

 

国際市場で座り込み屋台が集まる通りを発見。老若男女、好き好きに麺を啜ったり、おでんに齧りついたり。いい意味で気取らないこの習慣は東南アジアの好きなところ。さあ我々もと、ベトナムでもよく見掛けるチビ椅子に座る。

 

春雨の和え麺と海苔巻き。海苔巻きには具材は入っておらず、付け合わせのキムチやニラと一緒に摘まみます。干しイカのキムチが肉厚で旨味たっぷり。

 

人だかりの出来ている屋台を発見。専務の大好物ホットック、揚げ餅です。その場で包んですぐに揚げるからアツアツ!釜山ではもち米を使うとのこと、生地がモチモチ!もちろん行列の最後尾へ。オバちゃんが元気よく「こっちだよ!」と並ぶ場所に手招きしてくれます。

 

釜山スタイルの特徴がもうひとつ。揚げたてのホットックに切り目を入れて、ヒマワリ、南瓜の種、ナッツをたっぷり挟んでくれます!生地のモチモチ感、揚げてアツアツに溶けた具材のお砂糖、種の香ばしさ。ソウルのそれとはまた違った楽しいホットックです☆

間食編が終了。次回は2日目、午後編。

韓国 釜山を初訪問。<2> チェジウと2ショット。

釜山2日目。



これは絶対!と専務が張り切っていた"デジクッパ"。釜山名物の豚クッパで朝食です。

 

実に澄み切った味の豚出汁の底には、ご飯と柔かく炊けた皮付き豚がたっぷり。スープに豚独特の匂いは一切無し。こういう純粋な味の豚出汁にはなかなか出会えないと思う。アミの塩辛で塩分を調節。キムチやニラの和え物をトッピングしたり、口直しにニンニクや玉ねぎ、唐辛子をいただきます。

 

お店の外には大きな寸胴がいくつも。下から炭火でコトコト出汁を炊いてました。

 

食後の運動に釜山タワーへ。長い長いエスカレーターをいくつも使って、タワーのある公園に到着。

 

タワーの下に、ベンチに座るチェジウ像を発見!颯爽と横に座り、写真を撮ってもらいました。スマホで自分撮りもパチリ。それにしてもこの像のクオリティ、如何なものか。チェジウが釜山出身なこと、横にある写真が無ければ、わからないんちゃうかな...

2日目午前終了。次回は間食編。

韓国 釜山を初訪問。<1> タコとホルモン

JUGEMテーマ:韓国料理!

韓国 釜山を初訪問してきました。もう今年は韓国へは行かない宣言していたのですが、PEACHの釜山就航記念セールに釣られて渡航を決定。

 

第二ターミナルにて、恒例の出発前イベント。スモークレバーがやたらと薫香が効いていてオススメなのです。

 

初日の晩。ナッコッポックン。

ナクチ=タコ、コプチャン=ホルモン、炒め=ポックン。全部繋げるとナッコッポックン。タコ、ホルモン、野菜、春雨が入った炒め鍋。ソウルでは汁無しの炒め蒸しになりますが、釜山ではお出汁が入ったこのお鍋スタイル。辛味の素ヤンニョムの香りが素晴らしかった!当然、最後はおばちゃんに頼んで焼飯。タコ入りのネギチヂミもいただきました!

 

このビールがどうやら流行っている様子。いわゆるドライ。どこへ行ってもこればかり出てきました。からの焼酎。

  

この写真はお隣のテーブル。
「お隣の鍋は豪華やなぁ」と専務と話していたら、生け簀から運ばれてきた生きたままのタコ。「まさか!」と思ったら丸々投入!ウネウネウネ...

 

初日から張り切って2軒目へ。
発酵感のきっちりあるマッコリ。メニューの一番上に書いてある(専務が読んでくれた)だけあって、流石のお味。初めてお酒として美味しいと思うマッコリに出会いました。自家製だそうです。アテは干しダラ。

張り切って帰りにコンビニでビールを購入したにもかかわらず、飲まずに放置したまま朝を迎える暴挙もありましたが、これにて一日目が終了。釜山いいね。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links