スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


韓国の旅2013 最終日

JUGEMテーマ:韓国料理!
 
韓国の旅2013 最終日。



お馴染みのキムチ屋さんへ。
相変わらずお肌スベスベで可愛いお母さんはちゃんと「あら〜、いらっしゃい!」と覚えてくれています。後ろのお父さんも呼んでくれて、髭もお褒めいただく。あれやこれやと試食させていただいて、今回は渡り蟹、タコ、切干大根をセレクト。蛸の甘味が印象的。気前のいい詰めっぷりで、もちろんちゃんと飛行機も乗れるように密封してくれます。

 

ラストご飯はカルククス 手打ちうどん、マンドゥ 饅頭。カルククスの優しい牛スープが暴飲暴食を繰り返した胃に優しく沁み渡ります。

 

「ほら、座っていって!」と通りがかる人に声をかけながら、素早く生地を伸ばし、オーダーごとに麺を切る手際に感心。まな板を置いた真っ正面の特等席で仕事ぶりを拝見させていただきました。手切り故の麺のランダム感、ちぢれ具合がなんとも楽しい食感を生んでいます。麺だけでいったらここの麺が韓国で食べた中で一番!小松菜のキムチ、あっさりで美味しかった。専務お気に入り。

 

「帰りの飛行機でつまもうか。」と、退散間際にキムパッ 海苔巻き、ピンデトゥック 緑豆チヂミを持ち帰りで購入。最後の最後までしつこく韓国を満喫させてもらいました。タレの入った袋が手荷物検査で引っかからないかドキドキしましたが、無事通過させてくれました☆

韓国の旅2013の報告は以上で終了です。
DZO!の本棚にアルバムを作って置いてありますので、お料理の待ち時間に、お1人のご来店に、どうぞご覧下さいませ。

韓国の旅2013 3日目 買い食い

JUGEMテーマ:韓国料理!
 
韓国の旅2013 3日目。
お得意のやりたい放題食べたい放題、屋台で見掛けては買い食いしたものをあれこれ。





パン粉の衣の中に、マヨサラダみたいなのが入ってます。



ウインナーの中にトック(餅)が入って、串に刺してあります。「あの中身の白いのは何だろう?」と覗きこんだら、お兄ちゃんに誘われて購入。肉を噛んだ瞬間にもうひとつのもちっとした食感が現れるのが楽しい。リピートしたい味です。



レモネード屋さん。
店頭にすさまじい数のレモンを転がし、次々と絞ってはソーダで割ってくれます。想像以上に甘すぎず酸っぱい仕上がりに専務絶賛。



他にも色々と。ウインナーの中にトックとか、じゃが芋のトルネード揚げ(?正式名称は知らない)の中に新しくソーセージがinしていたり、行く度に新しいジャンクフードを見掛けるけど、相変わらず干しイカとか干し蛸とか、古典的なのも並んでいてホッとする。でも、今回はトック入りウインナーがNo.1。

韓国の旅2013 3日目 ゝ 鶏 ホルモン

JUGEMテーマ:韓国料理!
 
韓国の旅3日目。

           

この日は韓国に行ったら必ず行くお店で朝食。実は、2日目の朝食に伺ったのですが、お店は閉まっていて何やら貼り紙。「第1,3日曜日はお休み」とのこと。じゃあ3日目に回そうということになり、これも専務のハングル猛勉強のお陰です。

            

牛肉の透明なスープ コムタン。DZO!の牛肉フォーのスープのお手本にしているお店です。牛モモ肉やセンマイが入った透明なスープは旨味が抜群!ここまで透明で尚且つ旨味が濃い、しかも出汁の輪郭がはっきり際立っていることに、訪韓の度感激します。



スープの下にはご飯がin。このスタイルも好きです。麺よりも水分が少ないから、スープが薄まらなくて良いと思う。卓上の塩、ネギ、付け合わせのキムチを入れたりして、好みの味に調整します。このキムチ、発酵の度合いと辛味、酸味、バランスが実に素晴らしいです。No1。



昼食はサムゲタン 参鶏湯&トンタック 丸鶏のロースト。
3日目に突入して少々お疲れの我々には、サムゲタンの滋味深い味は沁み渡ります。ほろほろの鶏ももち米も、棗や朝鮮人参、もちろんスープまで、残さずいただきました。ローストチキンは皮のパリッと具合には目を見張るものがあります。“皮だけ”ってメニューがあっても嬉しいくらい☆

         

夜ご飯はホルモン焼きのお店。派手な外見です。店名を読んで「あ、ここだココ。」って専務が言ってくれるのが頼もしい。私は「地図を読める男」、専務は「ハングルの読める女」で分業しています。

          

丸テーブルに丸コンロ。可愛らしい造りはみんながワイワイするのにピッタリ。食事はコミュニケーション、ベトナムと一緒です。

          

突き出しにはなんと生レバー&センマイ!しかも鮮度抜群!プリッと角の立った食感が最高☆

        

こちらが主役のヤンコッチャン 色々ホルモン焼きです。小腸、心臓、ミノがたっぷり、エリンギやエノキ、じゃが芋(脂を吸い上げて最高!)、ネギ...etc

 

どのホルモンも歯ごたえがプリプリで、もちろん臭みは全く無し。「韓国でホルモンはアリやな。」との結論で専務と合意、次回はいわゆるホルモンの焼き肉屋に行ってみようと盛り上がる。



ニラのピリ辛和えや大根の甘酢漬けと一緒に食べたり、タレにつけたり、ニンニクと一緒に齧ったり。ビールにチャミスルに進みます。

 

最後はお母ちゃんに頼むと焼き飯をしてくれます。ホルモン達の脂で炒めた焼き飯は、たっぷりのニラと海苔がいいアクセント。

 

韓国ラストNightはもう少し飲みたい!ということで、もう1軒ハシゴ。気になっていたコルベンイ 貝の辛い和え物屋さんへ。店内は誰もいないのに(訪問時はオバちゃんさえいなかった、トイレ中だった様子)、店の前の簡易テーブルで酔っ払いサラリーマン達でワイワイ賑わっている。

 

「私の旦那が日本に旅行に行ったよ!」と気さくに話しかけてくれたオバちゃん。オーダーするとテーブルで和えてくれます。これが一番味の入る混ぜ方。

 

コルベンイは細く切ったネギがたっぷり、ツブ貝と和えてあります。唐辛子と甘酸っぱさ、シンプルだけど飽きの来ない味付けにチャミスルもすすっと喉を通っていきます。出汁が多めのケランチム 茶碗蒸しは貝の和え物だけで身体が冷えない心遣い。

        

お隣さんもパチリ。肩をたたき合いながら、ずっと乾杯し続けていました。楽しそう☆

次は3日目の買い食い編。

韓国の旅2013 2日目

JUGEMテーマ:韓国料理!
 
韓国の旅2013 2日目。

            

この日は明洞でウロウロお買いもの。まずは朝食にソルロンタン、白濁した牛肉のスープです。韓国ドラマ「華麗なる遺産」のモデルになったお店とのことです。そういえば専務が観ていたのを時々横で観ていたなぁと思い出しながら入店。



白濁した旨味たっぷりのスープを塩やキムチで調整。ご飯と一緒にいただきます。



おばちゃんに勧められて焼き豆腐setにしてみたら、豆腐の味は豆味がしっかりして美味しいのだけれど、1丁まるごと使われていて苦戦...一緒についてきたデザートは...ノーコメント。

          

歩いているときに見掛けたベトナム料理屋のランチ看板。最近ベトナム料理が増えているそうです、牛肉スープのフォーボー繋がり。牛スープ大国の韓国でどんな味で受け入れられているのか、次回訪韓時にはトライしてみたい。

          

お昼はかねてより楽しみにしていたコムグクス 豆乳麺。
本家韓国の豆乳麺とはどんなものか、しっかりこの目、この舌で確かめようと意気込んで入店。

          

正直を言ってしまうと相当衝撃を受けました。冷たい豆乳スープなのですが、その濃厚さが想像していたものとは別次元。写真を見てもお解りの通り、ポタージュのようなドロリ具合。大豆を潰して、それを絞ってできる豆乳。その豆乳をスープで割ったものではなく、大豆を潰して、そのままスープで割った様子です。だから味の充実感も満腹感も半端なものではありません。恐らく初めてです、韓国でスープ料理のスープを飲み干さなかった、飲み干せなかったのは。

     

そして晩飯は韓国恒例の生レバー屋さん!と思ったら激混みで整理券を配布中...仕方なく手書きの整理券をGETして、ピンデトゥック 緑豆チヂミの店でマッコリを1杯。これも大好物だけど☆



30分後、生レバ屋さんに戻ってほどなく入店。
お目当ての生レバー&生センマイ盛り、ユッケをいただきました〜♪ もちろん臭みなんて一切無し。生レバーの厚切り具合が自信の程を表しているかと思われます。ユッケも梨と黄身と胡麻油と松の実。素敵なお味でした。これで半年分の生レバ充電完了。

 

生レバー&ユッケ&チャミスルはどうしても腹が冷える。
ということで、帰る前に屋台に寄ってククス(うどん)、スンデ(春雨と血の腸詰め)。チャミスルももう1本☆

韓国の旅2013 初日

JUGEMテーマ:韓国料理!
 
          

お休みをいただいて、韓国に行ってきました。今回もPEACH。

              

出発前に空港で恒例行事。生ビールとおつまみ達。
スモークレバーが中身とろ〜り濃厚、外側パリッとスモーキー、秀逸な出来に驚きつつ、旅行前にテンション ↑

        

今回はホテルに22時頃に到着する旅程。初日は晩ご飯のみ。遅い時間ということもあり、お目当ての店は閉店間際だったので、深夜のソウルをウロウロと。人通りの多い交差点の歩道に小さなテーブルをゴリゴリと並べて営業している揚げ鶏屋さんを発見。

面白そうなので入ってみたら、おすすめのガーリックチキンがやたらと美味しい!モモ肉や手羽先だけでなく、アバラ骨周りや首周り、細かい骨ごと揚げてあって、むしろその骨周りが旨味たっぷりで美味しかった。鶏の齧り付き、指を舐め、生ビールをゴクゴクと。そうそう、最近はソウルも生ビールを出す店が増えていて、こういう料理にはぴったりです。

              

裏紙に書かれた伝票。韓国の方も"正"の字でカウントすることを発見。

初日はこれで終了。2日目に続く。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links