スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


台湾の旅 3日目 朝市 牡蠣 飯 牛 氷 その

JUGEMテーマ:台湾
 
        

朝市&朝食を済ませて、今回の旅でどうしても外せないお店へ移動。

 

牛肉麺の専門店です。店頭でスープを煮込みながら、その横で麺を茹でています。

        

しっかりと煮込まれたスネ肉のチャーシューはDZO!と一緒☆葱のみを散らしたシンプルな仕上げはお出汁のキリッとした牛テイストあってこそ。ほんのり甘めの味付けです。好きな味。

        

サイドオーダーの小鉢もセレクト。お豆腐、豚耳(ひょっとしたら牛耳かも?)、南瓜のツルを茹でたの。このツルが美味しかった、生姜と胡麻油の効いたさっぱり味。

             

実はお目当てだったのは汁麺だけでなくこのラー油。スープをとる際に出てくる牛脂を使って作るので、常温では固まっています。スープの中に入れると溶けだし、辛味に加えて牛の旨味と香りが広がるのが楽しい。これは真似してみよう。

 

最後はやっぱりコレ?ということでマンゴーかき氷。マンゴー氷にマンゴー果実、マンゴーピューレ、マンゴーアイス、杏仁豆腐。お腹いっぱい。

        

氷自体がマンゴーでできているので、食べていても氷の水っぽさが全くありません。口の中に入れると、マンゴー味がそのまま溶けるイメージ。美味しい。

3日間の台湾旅の報告でした。いわゆる中華よりも和食に近い要素を持っているように思うし、東南アジアの香りも随所で漂う。お初台湾でしたが、実に興味深い食文化に触れて、もっともっと知りたくなって、近い将来また行こうと決意しています。

台湾の旅 3日目 朝市 牡蠣 飯 牛 氷 その

JUGEMテーマ:台湾
 


3日目は朝市からスタート。
八百屋、煮込み肉屋、仙草ゼリー屋、ミンチ&白ゴーヤの肉詰め屋...etc の他にも生活密着型のお店が色々。

        

百貨店でよく見る化粧品のトライ&販売。お姉さんは何故にインカム?

             

洋服のワゴンセールに群がるオバチャン達。旦那さんは暇そう。

        

包丁マッサージ?やる方もやられる方も真剣。

 

飾り切り器具の実演販売。初めて見るタイプのものに興奮して2個購入。店で使います。

 

朝市をグルッと回った後に朝ごはん。初日にもいただいた「麺線」の牡蠣バージョン。専務は牡蠣オンリー、私は牡蠣&モツをオーダー。プリプリーッとした牡蠣と、柔かく煮込まれたモツの食感がよく合ってます。この組み合わせ、DZO!の冬のお鍋の具にしようかな、オープンエアの店の前を通る車の喧騒を眺めながら考える。



どうしてもおにぎりをもう一回食べたい!ということで、市場近くの豆漿屋さんに入っておにぎりだけをテイクアウト。油飯も市場で買ってきて、公園で朝食2回目。やっぱりこのおにぎりの揚げパン&肉でんぶは最高☆

3日目その△愨海。

台湾の旅 2日目 豆漿 猫村 夜市 その

JUGEMテーマ:台湾
 
            

台湾の旅2日目。
朝5時の開店から行列ができるという「豆漿」のお店へ。私たちが着いた頃には階段から建物の外まで行列。

        

専務が予習しておいてくれた中国語を頼りにオーダー。テキパキとオバチャンが対応してくれます。

        

豆漿(温かいおぼろ豆腐が丼に入っている感じ)は豆の味がはっきりして、ほんのり温かくて、ふわふわっとした食感が朝ごはんにぴったり。これ日本にあるなら、週二回は通う自信がある。



サイドオーダーの揚げパン、厚焼き餅玉子入り、おにぎり。このおにぎりが美味しかった!ご飯の中に、まだパリッパリの揚げパンと甘辛い肉でんぶが入っています。食感と塩気と脂っ気がピシッと足並みを揃えて、ちっとも豪華な具材じゃないのに、おにぎりがご馳走になってます。



厚焼き餅は、初日の胡椒餅と同じくタンドール状の窯で、揚げパンはオバチャンがせっせと揚げてます。

この豆漿を朝から食べる習慣。周りを見渡すと若い女性はもちろん、年配の方や私よりずっと年下の男子グループまで、老若男女がテーブルを囲んでいました。こうやってきちんとした、しかも美味しい朝食を摂ろうとする習慣は羨ましいし、素晴らしいと思う。普段コーヒーとパンだけで済ませる我が家をちょっと反省。

 

この日はウズウズしていた猫村へ。住民の方が猫を保護されていて、驚くほど沢山の猫が人間を全く気にせずにウロウロしています。 

           

ここでの写真は凄い量あるので、また後日。とりあえず、必死に猫を撮る私。こんなにシャッターを切ったのは初めて。専務に撮られていることも気付きませんでした。



猫村でのお昼ご飯。もちろん店員が猫とかいうことはありません、張り切って店の手伝いをしているお嬢さんが可愛らしかった。

いただいたのは和え麺を2種類。お隣の家族が食べている煮玉子が美味しそうだったので、指差してオーダー。店の前で昼間っからビールで酔っ払っているオッチャンがたむろしているのはベトナムにもよく見る風景か。きっと創業80年変わらない景色なんだと思う。

           

猫村の後は、映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったエリア「九份」へ。



クレープ状の生地にアイスクリームと何か粉のようなものを一緒に巻いてくれるスイーツをいただきました。作り方をよく見ていたら、ヌガーのようなもので固められたピーナッツを鉋(カンナ)で削って粉を作っています!だからこんなに香ばしいのか!と専務と二人で感心。このお菓子、今回の旅のスイーツNo.1☆

 

生搾りの西瓜ジュースも途中で購入。西瓜そのまんま。



今回は食べなかったけど、厚揚げ肉詰め(左)、エリンギの丸焼きも気になった〜。

2日目その△愨海。

台湾の旅 1日目 餅 麺 包 鍋 酒 その

JUGEMテーマ:台湾
 
            

台湾初日、「麺線」をいただいた後に「小龍包」を食べるべく移動。店の前では小龍包ちゃんがお出迎え。



おやつ時間だけど、とりあえず最初の台湾ビール&お待ちかねの小龍包。こちらは文句無しの出来栄え。



千切りにした生姜をのせて、いただきます。専務も大満足。



せっかくだからもう1品、野菜蒸し餃子のピリ辛ダレも。久々に自分で皮むっちむちの水餃子を作りたいなぁと思う。



初日の晩ご飯は「白菜鍋」。
白菜の漬物を出汁にたっぷりと入れてある、酸っぱいお鍋です。いわゆる糠漬けの古漬けとよく似た酸味が、お出汁をスキッとさせています。いくらでも食べられて、胃もたれしない味。気に入ったので、店でも似たものを作ってみようかなと考えてます。

具材は白菜の漬物&豚肉、キャベツに春雨。追加のお肉に羊肉と牛肉をチョイスしました。



こちらで面白いのがタレ。
胡麻、腐乳、ニラペースト、ニンニクタレ、醤油、砂糖、ゴマ油、レモン汁...etc 色々と用意してあるものを自分で好きにブレンドします。醤油&レモン汁ベースのニラペースト入りと、胡麻ベースの腐乳入りの2種類で楽しんでみました☆

            

帰りがけに寄ったスーパーで発見した、オリエンタルバジルのスナック菓子。初めてのお菓子に興奮してスタッフへのお土産はこれに決定。噛んだ瞬間のフワッと香るハーブは確かにオリエンタルバジル。大量買いしてホテルで晩酌しました。

2日目へ続く。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links