スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


餃子のタレ

JUGEMテーマ:中華料理

気になっていた近所の中華屋さんで夕食。
餃子に酢豚、ニラレバに天津飯...お馴染のメニューがずらりと並び、やたらと多い組み合わせセットやら、ちっとも悪びれずにポーンとテーブルに乗るプラスチック皿、やけにしっくりくる赤いテーブル。これぞ中華屋っていう店の作りに、どうやらアタリな店に入ったのではという確信にテンション↑。

 

呑み放題1100円に興奮。餃子にも手をつけないうちにジョッキを空ける。



お店の名物餃子。
皮は焼き目がパリッと、餡の旨みが濃いところが美味しかった。

手前に映っている餃子のタレ。
こいつは関西に来て驚いたもののひとつ。「自分で作らせてくれへんの?」と会社近くにあった餃子の美味しい居酒屋さんで驚いた。関東では醤油&お酢&ラー油がテーブルに配置されていて、お好みで調合する。今でこそ関西系列のお店も色々進出しているし、タレを置く店もあるとは思うが、私の記憶にある中華屋さんではお好みスタイルだったように思う。ちなみに私の好みはお酢多め。ラー油ちょっぴり。もっと言えば餃子の皮は厚めもっちりが理想。

そういう視点でいくと、ベトナムは関東スタイル。
例えばフォーなら、テーブルのうえにレモンやヌクマム、唐辛子やニンニク酢が置いてある。(これはお店や地方によって色々。)香草なんかはお好きにどうぞと、モリモリ盛りしてあるところも多い。味付けほどほどに、残りは自分の好みの味に仕上げるのが普通。DZO!でもレモン、唐辛子、自家製チリソースをお出ししていますので、お好みで投入して下さいませ☆

かんぴょう巻き

JUGEMテーマ:寿司
 
寿司ネタつながりでもうひとつ。
以前、専務がテレビの某番組を見て驚いたとのこと。

「かんぴょうを寿司にするらしいな、関東って。単独は無い話やなぁ。」

言わずと知れたかんぴょう巻き。寿司桶を注文すると大概は鉄火巻き、かっぱ巻き、かんぴょう巻きの巻物3兄弟が入っていたように思う。関西では太巻きの具材のひとつにはなるけれど、ソロデビューはあり得ない模様です。長年、嫌いなかっぱ巻きと交換を申し出て食べていたかんぴょう巻きは、言われてみれば確かに関西ではお目にかかったことがありません。

鰻と穴子

JUGEMテーマ:寿司
 
唐突な告白。
私は千葉県出身のエセ関西弁を喋るベトナム屋の店主。専務にはイントネーションがおかしいと時々ご指摘いただく。だから、関西に上陸して以来、驚く習慣の違いとか、食文化の違いとか、そういうことが生活の中に溢れています。それを少しずつ綴っていきます。

昨日の上巻きの具材を書いていて思い出しました。
関西には普通にウナギが寿司ネタとして登場する。これは関東ではあまり見かけない。廻るお寿司屋さんは別として、大将が握ってくれる寿司屋ならばまず間違いなく煮アナゴ。ふんわりしっとりとした身、長年使い足して旨み溢れるつめダレ、銀シャリの上で最高のパフォーマンスを見せてくれる。好きな食べ物ランキング2位、寿司ランキング1位、馴染みの寿司屋さんに行くと、どうしても3回は注文してしまう大好きなネタです。

どっちがいいとか悪いとか、そういう話ではありませんので。食文化の違いです、念のため。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links