スポンサーサイト

  • 2016.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


本日の賄い「揚げ出汁豆腐」

JUGEMテーマ:グルメ

しばらくお休みしていました、ボチボチ綴っていきます。
久々に本日の賄い「揚げ出汁豆腐」。
小さい頃から大好きな一品。母が作ってくれるのはもちろん、家族で食事に行っても、大人になって居酒屋で飲む時も、メニューにこの名前を見つけるとどうしても頼まずにはいられない。そんな一皿です。

スタッフ募集中!!!

JUGEMテーマ:ベトナム料理



ベトナム屋DZO!はスタッフを探しています!
特に、ランチのみ、ランチ&ディナーで働ける方にお願いしたいです。一緒に頑張ってくれるスタッフを以下の通り募集します。

・ランチのみ、ランチ&ディナーいずれもOKです。
・掛け持ちOKです。勤務時間、シフト、相談に応じます。
・料理が好きな方であれば、経験、ジャンルは一切不問。

時間:
ランチ 10:00〜15:00
ディナー 17:30〜23:00
※勤務時間は相談のうえ、ご本人に合わせます。
※週1日〜OK。週2,3日等、ご本人に合わせます。
条件:時給850円。
※頑張り次第で随時昇給あります。
※交通費支給(規定による)
※社員登用あり。賄い付き。制服貸与。

ベトナム出張の話<10> シーフード in ダナン。

JUGEMテーマ:ベトナム料理



先日の貝屋さん編でも書いた通り、沿岸の街ダナンは魚介が抜群に美味しい。ということで、シーフード屋さんにも行ってきました。

 

ずらりと並ぶタライの中には、伊勢海老、手長海老、うちわ海老、ニシキ海老、ワタリガニ、シャコ...etc 専務、Nguちゃん、umi君と覗き込んでます。



あれこれ、指差して海老の名前などなど教えていただいてから、食材に合わせて調理法を決定。基本はシンプルに蒸しhapでお願いして、その他shiroさんのおすすめを教えていただく。



ピチピチの食材たちをすくい上げてくれるお兄さん。豪快にタライの淵を渡り歩く。



海老。



カニ。



シャコ!
こいつが最高に美味しかった。大きくて、甘くて。一度にこんなにシャコを食べる機会は人生であと何度あるか。専務も絶賛。ちなみにshiroさん曰く「今日のシャコはそこまで大きくはないですよ」とのこと。まだ見ぬ大器が存在する模様。次回に望む。

 

スタッフRちゃんがご指名のハタ。醤油蒸し。
淡泊な身に醤油ベースの味付けと、たっぷりのエシャロットがいい感じ。淡泊なものやあっさりしたものに脂っ気を足す、というベトナム人のテクに感心。



ハタは身を食べて、ガラはお粥chao。
実はこのお粥が抜群に美味しい。ここまで魚出汁を効かせて、なんの臭みも出さないのって難しいと思う。かと言って、生姜で臭い消しをしている様子も無し。さすがダナンの海鮮。



「もう少し飲みますか?呑み足りないでしょ?」
とshiroさんのご自宅にお招きいただいて、いい感じにヘロヘロ。帰宅前にshiroさんとのツーショットを撮影しました。今回の旅では本当にお世話になりました。凄腕の一言。次回のベトナム訪問時も必ず中部に立ち寄ることを約束しつつ、お別れしました。本当にありがとうございます!!!
これでベトナム出張の話は終了。
DZO!の本棚に出張の写真アルバムを置いていますので、料理の待ち時間にご覧くださいませ☆

ベトナム出張の話<9> 庶民食堂 フエ味。

JUGEMテーマ:ベトナム料理

先日の"庶民食堂ダナン味"に続き、今回は"フエ味”。

 

古都フエには他の地域とは異なり、辛い物を食べる習慣があります。だから、よく見なれたメニューでも、南部や北部、あるいは先日のダナン味と比べるとピリッと唐辛子で引き締まった味なことが多いです。



厚揚げの肉詰めトマト煮。
トマトソースに唐辛子が良いアクセント。イカの肉詰めも食べたけど、肉詰めのネタの味付けがしっかり濃い目。



鰯の煮付け。
煮汁うまし。早速DZO!に帰ってから、鰆でこの味付けのランチをやってみた。



茹で豚。
もやしの漬物と一緒に辛い発酵調味料につけて食べる。先日のダナン味食堂では、海老味噌だれマムルウォック。



ゴーヤの肉詰めスープ。



茄子の仲間の塩漬け。
こちらの食堂では常備している模様。コレ、抜群に美味しかった。周りはカブのようなパリッとした食感、中身はほおずきのようなプチプチとした種。マムルウォックにつけて食べます。これだけで飲める味。スタッフと専務とお昼に行って、サラリーマンでごった返す店内でビールランチしてきました。

ベトナム出張の話<8> ちょい食い。

JUGEMテーマ:ベトナム料理

先日のドリンク天国編でも書きましたが、ベトナムではあちこちでドリンクとかおやつとか、ちょっと買い食いが出来たり、ちょっと座ってつまんで行けたり、そんなそんな習慣が好きです。



ダナンで一番大きなコン市場にて。
夕方になると、市場の広い通路にいつの間にか露店が広がります。値段だけを延々と連呼している均一価格の服屋さんもあれば、ドリンクからおやつから麺から色々。

 

ちょいと座って食べたのは、DZO!でもご用意している青パパイヤと牛肉のサラダです。たっぷりのミントに、甘辛いタレと辛いタレの2色使いが効いてます。食べ終わった途端に、隣の店のオバちゃんから、こっちも食べるか?とCheチェーを差し出されたけど、それはパス。



お馴染バケットサンドBanh miバインミー。
1つ目は叉焼&パテ。ミントとタデがよく効いてる。

 

2つ目はフエ名物 海老入り餅と魚のすり身揚げが入ったもの。この組み合わせは初めてでした。パリッと炭火で炙ってくれたバケットと、プルプル餅の食感が楽しい。




スタッフAちゃん合流の夜に、2軒目に寄った豚串Nem ruiネムルイ屋。
実は1軒目の路上屋台で食べれると思っていたら、売り切れて焼いたアヒル肉を食べたため急遽2軒目にちょろ寄り。DZO!でもご用意している"豚つくねの温生春巻き"の原型です。

 

帰国日当日の朝、路上屋台で牛肉麺を食べつつ、隣の屋台で買って持ち込んだ米粉餅Banh beoバインベオ。フエの名物です。



他にも飲んでる途中で売り子が売りに来た、茹でたウズラ卵を買ってみたり(専務の大好物)、がっつり食べる意外にも、ちょいちょい楽しいおつまみが出来る国です。

ベトナム出張の話<7> 念願の〆コハダ LARUEバケツ

JUGEMテーマ:ベトナム料理



今回のダナン出張。これは絶対食べたい!と意気込んでshiroさんにお願いした料理。

 

Goi caゴイカー。
goiは和えものとかサラダとか、caは魚の意味です。
ダナンから少し離れたエリアにこの料理が名物のエリアがあり、車で移動しました。



塩と酢で〆たコハダを、トウモロコシ粉で和えて、生野菜&ハーブと一緒にライスペーパーで包んでタレにつける汁ナシ。

 

同じく〆たコハダを、〆た酢をベースに作ったタレに浮かべ、器にとって生野菜&ハーブ、焼きライスペーパーと一緒に食べる汁アリ。



どちらも美味しい!特に初体験のハーブがたっぷりで、お店の方が自ら山へ行って摘んでくるのだそう。



shiroさんの通訳で女主人に作り方をレクチャーしていただいて、「私があなたのレストランに行って作ってあげるから大丈夫よ!」とのお言葉まで。甘えついでにお店にあったLARUEビールのバケツ&栓抜きまでおねだりしちゃいました☆ありがとうございます!!!

こちらの料理、早速日本に帰って再現しました。汁ありバージョンを、只今おすすめメニューにてご用意していますので、黒板をお見逃しなく!

ベトナム出張の話<6> 夏空のダナン 麺を啜る。

JUGEMテーマ:ベトナム料理

暑い暑いと言いながら、今回の旅でも色々と麺をすすってきました。

 

まずは中部の都市、フエ発祥の辛い汁麺Bun bo hueブンボーフエ。
DZO!の人気メニューでお馴染の麺です。

 

全部のっけをオーダー。
練り物、スジ肉、スネ肉、血を固めたもの、などなどたっぷり。
現地での実食で、DZO!の方向性の正しさを再確認。

 

練り物のっけ麺Bun cha caブンチャーカー。
ダナンの名物麺、あちこちで見かけます。
ゴロゴロと乗せられた練り物は旨味たっぷり。食べ応えも十分。

 

かねてより食べてみたかった和え麺Mi quangミークアン。
今、家にある物で作るのが流儀だそう。
shiroさんご推薦のこちらの名店。ミックスをオーダーしました。





潰した茹で玉子の黄身のコク、揚げ春巻きの旨味と油っ気、唐辛子の辛み、食べ進めるうちにじんわりと沁み出してきます。焼いたライスペーパーに生野菜&ハーブののっけて、渾然一体となる丼1杯の宇宙に感動。スタッフRちゃん、今回の旅のイチオシとのこと。

 

先日のハーブ園編で登場した、ホイアン名物の和え麺カオラウ。
伊勢うどんをルーツにもつとされるカオラウの麺は、ホイアンでしか作れない麺。煮豚の味を絡めて、よく混ぜていただきます。

 

おまけ。
日本でもお得意の、酔っ払って帰る前にホテルの近くで1杯、を2回ほど。
南部名物 細麺のHu tieuフーティウと、ご存知 牛肉のフォーPho boフォーボー。

ベトナム出張の話<5> 貝づくし。

JUGEMテーマ:ベトナム料理



沿岸に位置するダナンは海鮮が抜群に美味しいエリアです。
専務とスタッフRちゃんが合流した晩は、貝料理専門店へと行きました。

 


タライに入った色々な貝を眺めてオーダーします。
shiroさんと相談しながら、それぞれの貝に合った調理法を教えていただいてチョイス。



巻貝を蒸したの。



イトマキ貝のココナッツ蒸し。
先端に穴が空いていて、そこを指で押さえてチュッと吸ってから指を放すと、貝の身とココナッツスープが口の中に流れ込んできます。食べ方も楽しいし、この味付けが最高!既にDZO!の新メニューとして登場しています。(後日、告知予定です)

 

焼き貝のネギ油&ピーナッツがけの調理法を2連発。ホタテと牡蠣。
ネギ油とピーナッツがたっぷり。緩めのネギ油がいい感じ。



もうちょっと食べたい!飲みたい!ということで追加オーダー。
ゴロッと大きめな貝のタマリンド炒め。甘酸っぱい味です。



ネギ油&ピーナッツをもう1発食べたい!との専務のリクエストでハマグリをチョイス。



DZO!でもお馴染、アサリのレモングラス蒸し。
生姜の入った甘酸っぱいタレを殻ですくってパクリ。やっぱり美味しい☆

この日は貝専門店。
エビカニなどなど海鮮料理は、翌日の晩にも行きました。その様子はまた後日。

ベトナム出張の話<4> ホイアンにてハーブ園訪問。

JUGEMテーマ:ベトナム料理

 

今回の出張のミッションのひとつ、ハーブ園訪問。
ダナンから車で少し移動、世界遺産として有名なホイアンの郊外にあるオーガニックのハーブ園を訪問しました。



ハーブや青菜などなど、本国の収穫現場の見学はすこぶる興味深い。shiroさんの通訳を介して、色々と教えていただきました。写真はDZO!のスタッフAちゃんと、shiroさんのアシスタントGちゃん。Aちゃんはヌン(かぶってる帽子、すげ傘)の日よけ能力に絶賛。

 
 


バジルやミント、青ネギ、ツルムラサキに空心菜、ツボ草などなど。

 

日にあたり過ぎないように、上に掛けているのはココナッツの枝。

 

近くの川で獲った水草を乾燥させたもの。
土の下に埋め込んで、栄養&保水の役目を果たします。手が込んでます。



今回の訪問で驚いたのは、ハーブはとにかく密集栽培をしているということ。
間引きなんてなんのその、お茶畑かと思うようなこんもり感には驚きました。

 

ハーブ園訪問後は、ホイアン名物のお店へ。



ホワイトローズ。

 

カオラウ。
伊勢うどんによく似た和え麺。混ぜ混ぜ担当はAちゃん。



揚げワンタン。



ホイアン式チキンライス。
DZO!でご用意しているものとは異なり。上には裂いた鶏やオニオンスライスなどなど。
鶏モツを炊いたちょい辛の汁をかけながら、混ぜながら食べる。
このスタイルも、たまにはDZO!でやってみようかな。

 

そうそう、こちらの店頭の雰囲気とか、店のテーブル感とか、DZO!のイメージしている食堂スタイルです。似てるかな?



おまけ。
遠距離過ぎてイマイチな画像ですが、DZO!のモチーフにもなっている水牛in畑。ホイアンから戻る移動中に見つけました。

ベトナム出張の話<3> ドリンク天国 ベトナム。

JUGEMテーマ:ベトナム料理

日本ではもちろん、ベトナムに行ったら専らビールですが、美味しいドリンク、ジュースが色々と手軽に飲めるのもベトナムの魅力。

 

市場で買ったみかんジュース。緑色の皮のみかんです。
生搾りでこの量を採るのは大変やろなぁと思いながらいただく。



移動中に最近のお勧め、とshiroさんが奢ってくれたザボンジュース。
グレープフルーツを大きくして、さっぱりさせた味。

 


専務もハマったチャインジュースNuoc chanh。
チャインとはすだちやライムのような小粒の柑橘。ほんのり塩味ですっきりドリンクです。



出張の話<1>にも登場したさとうきびジュースNuoc mia。
本体の色が薄くて上手くピントが合わず、ジュースそのものの写真は無し。薄い鶯色してます。さとうきびジュースLOVEの専務曰く、東南アジアの中ではベトナムのが一番。

 

ベトナム版青汁ラウマーRau ma。
日本のものほど苦くはなくスッキリ。美肌効果あり。このドリンクは決まってポリ袋に入れられるように思う。どうしてかな?

 

お馴染のスムージーShin to。
好きな果物を選んでその場で作ってもらいます。今回は、マンゴー、トマト、アボカド、マンカウ、ドラゴンフルーツなどなどいただきました。

 

おまけ。
HIGHLAND COFFEにてアイスコーヒー練乳入り。パンチのあるコーヒーが甘め仕上げにピッタリ。以前はテーブルオーダー&テーブルサーブだったはずですが、セルフになっていて驚いた。値段はちっとも変ってないのに。推測ですが、新しく現れ大人気のスタバの真似をして、対抗しているのでは...
Check

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
▼お店はこちらです▼
お店
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links